本の処分方法は?捨てる前に知っておきたい賢い捨て方まとめ

読み終えて積み重なっていく不要な本。
単純に資源ゴミの日に出して処分していたりしませんか?

どうせ処分するなら、いらない本をお金に換えながら賢く処分しましょう!

そこで今回はいらなくなった本を賢く処分する方法を3つに分けて、それぞれの特徴を踏まえながら解説したいと思います。

本の処分方法1:ブックオフで売る

ブックオフ
まず「本を売るなら~♪」と誰しもが思い付くブックオフの古本買取

本を処分するのに適しているのでしょうか?

ここではブックオフで本を処分する場合のメリット・デメリットについて、以下の内容を解説したいと思います。

ブックオフで本を処分する
  • 買取手順が単純で早い
  • 店頭買取は持ち込みが大変
  • 出張買取は一部の人しか利用できない

買取手順が単純で早い

本屋の店員
ブックオフは北海道から沖縄まで全国各地に店舗を展開しており、自宅近辺にあるという方もいるかと思います。

買取の手順も単純で、店舗に売りたい本を持ち込むだけ

査定方法は商品状態を確認し、バーコードを読み取るだけなのでその日に買取金額を貰うことも可能です。

本の処分を最優先とするなら問題はないかと思いますが、ブックオフの買取価格に関しては過度な期待は禁物

ただし利便性・即金性を重視するならブックオフの古本買取はもってこいの処分方法です。

店頭買取は持ち込みが大変

自動車
ブックオフは利便性・即金性に優れていますが、問題は店舗に持ち込めるかどうかです。

車を持ってる人であれば可能性はありますが、そうでないならレンタカーを借りたり、知人に協力を仰いだりひと手間かかります。

ただ車を持っていても大量の本となると複数回に分けて持ち込む必要があるので、ある程度の根性・筋肉・時間を使うことを覚悟した方が良いでしょう。

出張買取は一部の人しか利用できない

車
ブックオフは出張買取も行っていますが、出張買取に対応している店舗は一部のみです。

また出張エリアも決まっているので、必ず出張買取に来てもらえるという訳でもありません

ブックオフの公式サイトで各店舗情報から、出張買取に対応しているか分かるので必要な場合はチェックしてみましょう。

記事始めに戻る

本の処分方法2:メルカリやヤフオクで売る

メルカリヤフオク
ブックオフで本の処分。分かって頂けたでしょうか。

ブックオフの古本買取は早くて便利ですが、実質的に限られた人しか利用できません

では、メルカリやヤフオクなどで処分するのはどうなのか?

ここではメルカリやヤフオクで本を処分する場合のメリット・デメリットを解説したいと思います。

メルカリ・ヤフオクで本を処分する
  • 価格を自由に設定できる
  • 手間がかかる
  • 販売手数料・月額費用を取られる

価格を自由に設定できる

女性
メルカリやヤフオクの最大のメリットは価格を自由に設定できることです。

サービス内にはコレクターと呼ばれる人々もいるため、本によってはかなりの高額で売ることもできます

また付録が付いている雑誌などは取引成立の確立が高く、ブックオフなどで売るよりもはるかに高く売ることができます。

手間がかかる


メルカリやヤフオクはどうしても手間がかかります。

買手との連絡、入金チェック、梱包資材の調達、配送の手配、取引後の評価依頼など。

日頃からメルカリやヤフオクを利用されている方ならまだしも、利用経験が無い方は会員登録や使い方を覚えるところからスタートしなくてはなりません。

本を処分するためだけにメルカリやヤフオクを利用するのは、必要以上の手間がかかってしまうのであまり合理的とは言えないでしょう。

販売手数料・月額費用を取られる

お金
メルカリやヤフオクを利用するには、販売手数料や月額費用を支払う必要があります。

具体的に漫画の全巻セットを10,000円で売った場合にかかる手数料が以下。

サービス名 手数料
メルカリ 1,000円(販売手数料10%)
ヤフオク 1,000円(販売手数料10%)
ヤフオク(プレミアム会員) 1,362円(販売手数料8.64%+月額費用498円)

販売手数料は売上額に応じて増えていくため、高く売れるだけ比重も重たくなります。

「不要な本とはいえども、出来れば少しでも高く売りたい」と思うならメルカリやヤフオクは不向きと言えるでしょう。

本の処分方法3:宅配買取で売る

漫画 宅配買取
メルカリやヤフオクでの本の処分。分かって頂けたでしょうか。

手間や手数料を考えると本を処分する為だけに会員登録をするのは合理的ではありません。

では、いらない本はどのように処分するのがオススメなのか?

それはネットで簡単に古本が売れる宅配買取サービスを利用することです。

ここでは宅配買取で本を処分する場合のメリット・デメリットについて解説したいと思います。

宅配買取で本を処分する
  • 自宅に居ながら買取が完結する
  • キャンペーンでボーナス金が貰える
  • 冊数が多い場合は梱包が面倒

自宅に居ながら買取が完結する

女性
宅配買取は、自宅に居ながら買取が完結してしまいます。

具体的な買取の流れとしては以下。

宅配買取の流れ

  1. ネットで買取申込
  2. ダンボール等に本を梱包
  3. 配送業者に引き渡し
  4. 査定結果の確認
上記のとおり、自宅から一歩も出なくても不要な本を売ることができます

梱包作業時に必要となるダンボールも無料提供してくれる買取業者が多数あるので、調達する手間を心配する必要も特にないでしょう。

キャンペーンでボーナス金が貰える

買取 バブー
宅配買取はキャンペーンが豊富でボーナス金を貰える機会が多々あります。

例えば、買取点数や買取価格に応じてボーナス金が付与されたりなど業者によって様々です。

本は発売からの日数が経つほど価値が下がっていくという特性を持っています。

家に眠っている本は価値が落ち込みがちですので、こういったキャンペーンをうまく利用していくことである程度の元を回収することができるようになります。

冊数が多い場合は梱包が面倒

雑誌 買取 宅配買取
宅配買取のデメリットとしては、本の冊数によって梱包作業が面倒になるということ。

何も考えずにパンパンになるまで本をダンボールに詰めた場合、ダンボールが本の重さに耐えられず底抜けする可能性が出てきます。

ダンボール8割程度に本を詰め、隙間を新聞紙等で埋めるという少し気を使った作業を冊数分行うので、量によってはそれなりの手間となってしまいます。

ただ映画を見ながらなど、「ながら作業」もできますので面倒くさいかは考え方次第ではないでしょうか。

記事始めに戻る

本の処分にオススメの買取業者

女性
宅配買取での本の処分。分かって頂けたでしょうか。

自宅で処分が全て完結する点やボーナス金などの付加価値も含め、宅配買取が最も賢い本の処分方法と言えるでしょう。

では、どこの宅配買取業者がオススメなのでしょうか?

ここではそれぞれの目的別にオススメの買取業者を解説したいと思います。

今回ご紹介するのは以下の3社です。

オススメの宅配買取業者
  • 早く処分したいなら「Vaboo
  • キャンペーン重視なら「ネットオフ
  • 専門書を処分するなら「ブックリバー

早く処分したいなら「Vaboo」

Vaboo
早く処分して、すぐにお金を手にしたいのであればVabooがオススメです!

Vabooは本が届いてから最短2日で査定結果が出るという、業界内でもトップクラスの査定速度を誇ります。

また漫画などは8割の巻数が揃っていれば、漫画セットとして査定してもらえるので普通よりも割高な買取価格が期待できます。

残念ながら、Vabooはダンボールの提供を行っていないため自分で調達する必要があります。

ただVabooによると非推奨ではあるものの、紙袋に梱包でも特に問題はないとのこと。
ですので最悪ダンボールが無くても送ること自体は可能です。

会員登録など面倒くさい行程もないので、すぐに処分・換金したい方はVabooを利用してみてはいかがでしょうか!

Vabooの古本買取の評判は?特徴や買取価格のまとめ

2018.10.19
上記の記事では、Vabooの古本買取の特徴・評判・買取価格についてより詳しく解説してます。Vabooの買取が気になった方はぜひ併せてチェックしてみてくだい。

キャンペーン重視なら「ネットオフ」

ネットオフ
キャンペーンをうまく活用して高価買取を狙うならネットオフがオススメです!

具体的にネットオフで以下のキャンペーンが用意されています。

ネットオフのキャンペーン

  1. 初回利用|1,000円のボーナス付与
  2. 買取価格3,000円以上|1,000円のボーナス付与

上記キャンペーンは併用も可能なので、初回利用なら最大2,000円を貰うこともできます。

定価にもよりますが古い漫画は5~20円古い小説は10~500円といった相場観なので、ボーナス金があるかないかでは結果は大きく変わるでしょう。

キャンペーンをうまく使って高価買取を狙うならネットオフの古本買取を利用してみてください!

ネットオフの古本買取の評判は?特徴・買取価格・口コミのまとめ

2018.10.19
上記の記事では、ネットオフの古本買取に関する特徴・評判・買取価格をまとめています。ネットオフの買取が気になった方は良ければチェックしてみてください。

専門書を処分するなら「ブックリバー」

古本買取のブックリバー
シーズンが過ぎると全く使わなくなる教科書・参考書・赤本・医学書といった専門書を処分したいならブックリバーがオススメです!

ブックリバーは専門書の買取を中心に行っている宅配買取業者です。

何を中心に取り扱っているかで買取価格が業者ごとに変わってくるわけですが、専門書など少し特殊なジャンルの買取はブックリバーの得意分野です。

会社の研修で使ったプログラミング本など、仕事面で活用した書籍も幅広く買い取ってくれるので専門書を売りたいならブックリバーを利用してみてください!

ブックリバーの古本買取の特徴と口コミ評判

2018.05.01
上記の記事では、ブックリバーの古本買取に関して特徴や口コミをご紹介しています。ブックリバーの買取をもっと詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

まとめ

本の賢い処分方法。分かって頂けましたでしょうか?

結論として「自宅で全て完結して、キャンペーンでボーナス金も貰える宅配買取に売ることが賢い本の処分方法」と覚えていただければ幸いです。

最後に今回ご紹介した内容を改めてまとめると以下になります。

本の処分方法1:ブックオフで売る
  • 買取手順が単純で早い
  • 店頭買取は持ち込みが大変
  • 出張買取は一部の人しか利用できない
本の処分方法2:メルカリやヤフオクで売る
  • 価格を自由に設定できる
  • 手間がかかる
  • 販売手数料・月額費用を取られる
本の処分方法3:宅配買取で売る
  • 自宅に居ながら買取が完結する
  • キャンペーンでボーナス金が貰える
  • 冊数が多い場合は梱包が面倒
本の処分にオススメの買取業者
  • 早く処分したいなら「Vaboo」
  • キャンペーン重視なら「ネットオフ」
  • 専門書を処分するなら「ブックリバー」

この記事を参考に賢くいらない本を処分できるようになって頂ければと思います!


漫画買取で迷っていない?

総合評価の高い漫画買取業者は?
総合的に漫画買取業者30社を比較しています。厳選したおすすめ漫画買取業者をいますぐチェック!
(比較例)
・買取額アップキャンペーン(高額買取の可能性)
・送料や手数料など利用者負担がかかるか
・即金性(査定結果の連絡や銀行振込が早いか)