花より男子の漫画を売る!全巻買取相場の比較

団子

一大ムーブメントを巻き起こした名作『花より男子』。井上真央さん、松本潤さんなど豪華キャストでドラマ化され、見ていた人も多いのではないでしょうか? 筆者も当時は食い入るように見ていました。そして何度もカラオケで『Love so sweet』を歌いましたし、何なら今も歌ってます(笑)日本のみならずアジア圏でも実写ドラマ化される等、大ヒット作花より男子の漫画全巻セットの買取相場を紹介します!

花より男子の漫画全巻セットの買取相場

花より男子は、1992年から2004年までマーガレットにて連載され、通常版37巻、完全版20巻既刊しています。名門のお家柄等、上流階級の人が入学することで有名な英徳学園高校に一般家庭の主人公牧野つくしが入学します。英徳学園には教師たちすら逆らうことのできない、F4と呼ばれる超有名家系の4人組によって牛耳られていました。つくしは、F4に花瓶の水をかけたことをきっかけに赤札を貼られ、学校中からイジメに遭いますが、正義感の強いつくしは、F4に立ち向かいます。そんなつくしを見て、F4の主格である道明寺司がつくしのことを好きになりますが、一般家庭のつくしとの恋愛を道明寺の母に反対され、数々の壁にぶち当たっていきます。筆者はF4の中では、花沢類が1番好きです。クールで優しくて、小栗旬さんが演じている姿がイケメン過ぎますよね。類もつくしを好きになりますが……筆者は悔しいです(笑)花より男子の漫画全巻セットの買取相場を見ていきましょう!

花より男子
完全版漫画全巻セット買取相場
最大3,700円
(完結セット)

上記の通りとなっています。花より男子の新たなドラマも放送されるので、今後再び注目を集めること間違いなしですよ。お家に眠っている花より男子の漫画を買取に出すことをおすすめします!

KANちゃん
花より男子完全版の漫画全巻セットも通常版と同様に高価買取しているので、完全版を持っている人もお得に売れるので、安心してくださいね。

記事始めに戻る

おすすめの漫画買取業者

花より男子の漫画を売るにあたって、少しでも高く売りたいと思いますよね。しかし、どの買取業者に買取してもらえば最もお得に売れるのかを迷っていませんか? 当サイト編集部が独自に漫画買取業者30社以上を調査した結果、自信を持っておすすめすることができる買取業者は、Vabooです! 早速下記で特徴を見ていきましょう。

vaboo(バブー)

vabooの漫画買取
vabooは、漫画を初めて売る人に最もおすすめの漫画買取サービスです。Vabooは、買取額保証やバブリープライスなど買取額アップに力を入れています。公式サイトをチェックして、お得に売れる機会を逃さないようにしましょう! 他にも、漫画5点以上売るだけで送料・返送料完全無料にしてくれますよ。漫画全巻セットの方が売れやすいですが、漫画単品でも喜んで買取してくれるので揃っていなくても心無用です。花より男子の漫画と一緒にいらない漫画も合わせてまとめて高額査定してもらいましょう! 下記のボタンを押して公式サイトから申込み!

2018年6月は、花より団子漫画全巻セットが3,700円で売れるバブリープライス開催中!! いますぐ売らないと絶対損しますよ。下記のボタンを押して公式サイトから宅配買取を申込ましょう!

まとめ

いかがでしたか。今回は花より男子の漫画全巻セットの買取相場とおすすめの漫画買取業者を紹介しました。花より男子のドラマが放送されてから、もう10年以上が経過していることに驚きますよね。当時ドラマを見て原作漫画を読み始めた人もいるかと思います。本棚に眠ったままになっている花より男子の漫画を持っているなら、状態が悪くなる前に売ることで高価買取してもらえるので、早めに売ることをおすすめします!

⇒⇒漫画買取の口コミが良いおすすめ漫画買取業者ランキングをチェック!

KANちゃんの余談
嵐のことを認識しだしたのが、丁度花男が放送されていた時期なので、松潤はパーマが凄い人だと思っていました。花男が終わりストレートの松潤を見た時はあまりの変化にとても驚きました(笑)

続編「花のち晴れ」の漫画をあわせて売りたいなら以下の記事をクリック!

花のち晴れの漫画を売る!全巻買取相場の比較

2018.05.01

漫画買取で迷っていない?

総合評価の高い漫画買取業者は?
総合的に漫画買取業者30社を比較しています。厳選したおすすめ漫画買取業者をいますぐチェック!
(比較例)
・買取額アップキャンペーン(高額買取の可能性)
・送料や手数料など利用者負担がかかるか
・即金性(査定結果の連絡や銀行振込が早いか)

ABOUTこの記事をかいた人

ニートしたり働いたりニートしたり記事書いたり・・・の日々を送っています。定職に就こうかな(笑)漫画買取の記事を書く日々の中、最近こっそりインドネシア語の勉強始めました。