コンビニコミックが買取不可な理由と買取可能なお店3選

驚く男性

自宅で手軽に楽しめる娯楽のひとつにコンビニコミックがあります。コンビニで手軽に買える単行本コミックは20代から50代の社会人に根強い人気を誇る商品です。コンビニに立ち寄ってお弁当と一緒についついコンビニコミックを買ってしまいますよね。筆者もその一人です。今回は、自宅に山積みになってしまいがちなコンビニコミックの処分方法について紹介していきます。

コンビニコミックは買取不可?

コンビニコミックは買取不可としている買取業者が大多数を占めてしまいます。1冊500円前後の販売価格になっているので売れると思いますよね。コンビニコミックが売れない理由は主に下記のポイントが関係しています。

  1. 流行中の漫画はコンビニコミックで販売されるケースが少ない
  2. 販売価格は単行本コミックと変わらないけど特注扱いになっている
  3. 既存の単行本で人気があった漫画を集めて1冊のコミックとして販売しているケースも多い
  4. 通常の単行本のように続き物になっていないケースが多い
  5. 常に新しいコンビニコミックが出るので読み捨てというイメージが強い

筆者の個人的感想ですが、コンビニコミックは昔学生の時に流行した漫画を大人になった社会人向けに販売している印象を強く受けます。筆者も昔流行っていた漫画がコンビニコミックになって販売されていると、思わず手にとってパラパラ見て懐かしさで購入してしまいます。(筆者の例で言うと、こち亀、最強伝説黒沢、グラップラー刃牙などが挙げられます。どの漫画もコンビニコミックとして売られているので一度は見たことがあると思います。)
このように流行している漫画でないので価値がつきずらく買取不可になっているケースが多いです。また、自宅の保管状況や発売日の近さも大きく関係してきます。コンビニコミックは自宅のトイレに置かれているケースは多くないでしょうか? 半年近くずっとトイレに置いていませんか? このように単行本コミックと異なり、コンビニコミックは扱いが雑になりやすいです。これも買取価格がつきずらく、コンビニコミックが売れないと言われる要因のひとつです。

ここがポイント
コンビニコミックを買い取ってもらいたいなら読んだら新しいうちに売ってしまいましょう。また、コンビニコミックの扱いを雑にしないようにしましょう。

記事始めに戻る

コンビニコミックの処分方法

コンビニコミックは買取業者で処分するのがおすすめです。当サイトで紹介している買取業者もコンビニコミックに関しては、買取不可な店舗が多いです。そこで今回は、コンビニコミックを売ることができる買取業者を紹介していきます。

ここがポイント
手間をかけても良いならフリマアプリのメルカリやネットオークションでまとめてコンビニコミックを売るのも良いでしょう。ただし、手間がかかる割に売れない可能性もある点に注意しましょう。

ブックオフグループ

店舗型のブックオフ、ブックオフオンラインではコンビニコミックの買取も行っています。ただし、コンビニコミックはブックオフで100円で販売される可能性が高いので、無償引き取りおよび1冊5円から50円のレンジで買取される可能性が高いです。高額買取りは期待できないので過度な期待は禁物です。

駿河屋

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュアなどの通販ショップ駿河屋ではコンビニコミックの買取を行っています。ブックオフ同様、無償引き取りおよび最大100円の買取価格になるコンビニコミックが大多数です。さらに販売開始から3ヶ月以内でないと買取価格がつきずらくなります。漫画の人気度と販売開始からの経過日数と保管状態が大きなカギとなります。

鑑定団グループ

千葉・栃木など関東圏に店舗を出店している鑑定団はコンビニコミックの買取を行っています。筆者も読まなくなったコンビニコミックを鑑定団で売ったことが何度もあります。お察しの通り、値段はついたらラッキーぐらいに思っておきましょう。自宅の不用品を処分するついでにコンビニコミックも……という感覚が良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。一般的に売れないと言われているコンビニコミックを処分する方法を紹介しました。ここで紹介した方法を活用してもコンビニコミックは高く売れない可能性があります。資源ごみとして捨ててしまうのもひとつの手段として推奨できます。高価買取が望める続き物の単行本はもったいないですが、コンビニコミック数冊だったら資源ごみという選択も検討の余地ありですね。

⇒⇒漫画買取の口コミが良いおすすめ漫画買取業者ランキングをチェック!


漫画買取で迷っていない?

総合評価の高い漫画買取業者は?
総合的に漫画買取業者30社を比較しています。厳選したおすすめ漫画買取業者をいますぐチェック!
(比較例)
・買取額アップキャンペーン(高額買取の可能性)
・送料や手数料など利用者負担がかかるか
・即金性(査定結果の連絡や銀行振込が早いか)